五頭山、三階滝沢

2001年7月15日、豊栄山岳会沢登講習会、メンバー4名

コースタイム
6:00豊栄発=7:30入渓口着7:50発−8:00 F1−8:50−9:0
0ヨドカ沢出合より上流で休憩−9:50−10:00オーベ沢出合付近で休憩−1
3:40中ノ沢よりの登山道に出る−13:55五頭一ノ峰分岐着14:45発−1
5:17中ノ岳着15:30発−15:47与平沢の頭着15:55発−17:00
中ノ沢森林公園着=新三川You&湯=19:45新潟市着

私の所属する豊栄山岳会は、ここ数年沢登りを行ってこなかったが、今年度は会長の
方針で、技術訓練を主体とした山行を多く取り入れる事になり、その一環として、夏
に沢登講習会を2回開催することになった。
私は、沢登には以前より興味があったので、春先から少しずつ装備を購入し、沢登の
技術を身につけるべく、参加させていただいた。

今回の舞台は裏五頭の三階滝沢。初心者(私のこと)を同行した日帰りの沢としては
適当な沢ということだった。
メンバーは4名、リーダーは副会長の本田さん、サブリーダーは何と初心者の私。そ
して、会長の小林さんと新人の中山さんというメンバーだ。

豊栄中央公民館で集合し、帰りは直帰の私の為に2台の車で三川村の中ノ沢の奥の入
渓口に向った。
天気は快晴、後で知ったが、この日梅雨明け宣言が出された。
暑くなりそうな朝だった。

中ノ沢渓谷森林公園入口を過ぎ、林道途中の枝分かれした道で車を降りた。
途中の駐車場で峡彩山岳会のメンバーに会った。彼らはササラ沢を登るという。

入渓すぐの堰堤は右側の踏み跡を利用して越えた。
10分ほどで最初の滝(F1)に出くわす。直登出来ず左岸を高巻く。
ウール混の長袖を着ていた私は、歩き始めてすぐ汗が噴き出した。
F2、F3とも高巻で越えた、この高巻はすべて鉈目のある踏み跡があった。
しばらくはコ゜ーロ状が続いた。リーダーの本田さんは軽快に先頭を歩く、少々ペー
スが速い、必死でついていく。
F4を直登し、最初の休憩を入れた。私は、下に着ていたティーシャツを脱ぎ、長袖
をじかに着た。
途中でザイルを拾った。
F5は本田さんは空身になって小林さんに押し上げてもらって直登、そこへザイルを
投げて、他3人は本田さんにザイルで引っ張ってもらいながら滝壷を泳いで渡り、滝
を直登した。
全身ずぶぬれだが、これがまた気持ち良い。
F6−F9は全て直登。
オーペ沢出合付近で行動食を摂った。
F10を直登した後、スノーブリッジが現れた。
まだ随分厚いので、すぐには崩れないと思うが、水滴がたらたら垂れている。
一人ずつ早足で通り抜けることになった。
F12は落差12mの大きな滝だ。右岸を高巻した。
高巻は藪山をよくやる私には得意なはずであったが、斜面を横に歩くのは尾根の上を
歩くのと違い、腕力も使うので大変だ。緊張しながらの通過となる。高巻を終えて沢
に下りると、ぐったりしてしまう。
F13−F15は難なく直登で通過、F16はザイルで確保しながらの直登となっ
た。
F18は落差6mほどで、滝に流木が立てかけられていた。本田さんは果敢に直登、
手がかりの少ないところを見事に登った。中山さんもザイルで確保しながら直登成
功。小林さんはさっさと高巻で登っていった。
私は直登にチャレンジするが、どうやって登って良いのか分からず、すぐにあきらめ
て、高巻した。
F20も落差15mほどの滝だ。私以外3名は難なく登っていったが、私は草付で動
けなくなり、ザイルで引っ張り上げてもらった。相当体力が消耗した。
その後は完全にばててしまった。、立つとめまいがするので少し休ませてもらった。
滝に打たれながら体を冷やした。
そこからは大きな滝はなかった。
早めに尾根に出ようと右手の沢に入り、中の沢からの登山道に出た。
登山道はまるで舗装道路のように快適に感じた。
出湯から登山道を波多野さんと中川さんが登ってきて我々をまっているはずだった。
リーダーの本田さんが先に「おーい」と叫びながら歩く、五頭の三角点の峰にはいな
い、一ノ峰分岐で波多野さんと中川さんが待っていた。
冷たいビールとグレープフルーツが用意されていた。
ばてた体には何よりものエネルギー源だ。二人には感謝感謝だ。
その後、菱ケ岳から縦走してきた丸山さんも合流した。

下山は菱ケ岳方向に歩き、与平沢の頭より天平尾根を下った。
下山途中雷が常に鳴っていたが、雨に遭うこと無く下山できた。
中ノ沢森林公園に着き、比較的元気な本田さんと中山さんが車を取りに行ってくれ
た。

しかし、今回同行したメンバー、そして、支援で登山道を登ったメンバー全員が皮膚
に「かぶれ」の症状が出た。
かぶれの原因はいったい何なのだろうか

初めての沢登はなかなかきつかったが、今度は体調を万全にしてチャレンジしてみた
いと思う。
沢から登った五頭山は、これまでの認識を改めねばならないほど大きな山だった。

新潟県下越の山の目次へ戻る

ホームへ戻る

inserted by FC2 system